忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


携帯ストラップについて

携帯ストラップについて

携帯電話用のストラップは一般に「ケイタイ・ストラップ」と呼ばれて、
日本人の生活の一部になっている。

携帯ストラップは、「ショートストラップ」タイプが主流だろうけれども、
首にかけられる「ネックストラップ」タイプもある。

「ネックストラップ」タイプの携帯ストラップは、イベント会場などで、
名札や鍵などと共に携帯電話がつるされている場合が多い。


数多くのデザインを誇る携帯ストラップだが、素材は一般に、ビニール、ポリエステル、革だ。

携帯ストラップの多くは、一端に携帯にストラップを取り付けられるように輪、
逆端には、「根元」とも呼ばれるアクセサリやマスコットが付いている。


携帯ストラップがブームになった1990年代後半から数年では、「コギャル」と呼ばれる
若い年齢層の女性たちが、携帯に10本以上のストラップを付け、
携帯電話自体より、ストラップの総量の方が重くなるほどだ。

近代でも、「吊り紐」としての元々のストラップの役割とはかけ離れ、アクセサリとなっている。


安価な携帯ストラップは、携帯電話ショップだけでなく、お土産店でも販売されている。
またプロモーショングッズとして、飲料・食品商品に付いてくることもある。

現在では、芸能人たちのファングッズとして重宝されている。

さらには、限定配布として、携帯ストラップが利用されることも多く、テレビ出場などの記念品として、
観光地限定として、配布・販売されることもある。


携帯ストラップは、一方にマスコットなどが付いているストラップ以外にも、ビーズや革などだけで
デザインされたストラップもある。
PR

TrackBack(0) | 携帯ストラップの豆知識

携帯ストラップは日本の産物

携帯ストラップは日本の産物

携帯ストラップ産業は、たぶん日本特有でしょう。
100円ショップの携帯ストラップもあれば、ブランド携帯ストラップまで、幅広く選択できますよね。

ヨーロッパの携帯電話には、普通携帯ストラップを取り付ける穴すらありません。

最近では、携帯電話自体は、日本で見かけるのと似たような型がほとんどですが、
それでも携帯ストラップ用の穴を見たことがありません。

でも、2年ぐらい前から、スイスの携帯電話ショップで携帯ストラップを見かけるようになりましたが、
穴のない携帯電話のために、携帯ストラップが付けれる金具が同封されています。


スイスで売られている携帯ストラップ、いくらだと思いますか?


日本だと、携帯ストラップといえば、100円からあるでしょう。もっと安いでしょうか。

携帯ストラップの定価は、

980円です!


もちろん日本でもブランド携帯ストラップとなると、2桁ぐらい違う場合もあるでしょうけれど。

ここで購入できる携帯ストラップのメーカーは1つしかありません。
純スイスの会社です。スイスのブランド製品ということで、携帯ストラップの額も納得いけるのでしょうか。


庶民生活に浸透したブランド携帯ストラップですが、ブランド会社がわざわざ日本向けに製造されているのでしょう。

コーチなど多くのブランド会社の世界向けホームページには、携帯ストラップの「け」の字もありませんよ。

世界のブランドメーカーを揺さぶる、日本のブランド携帯ストラップ人気、すごいですね。

TrackBack(0) | 携帯ストラップの豆知識

| ブランド携帯ストラップコレクションHOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]不動産 医療事務