忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




携帯ストラップについて

携帯ストラップについて

携帯電話用のストラップは一般に「ケイタイ・ストラップ」と呼ばれて、
日本人の生活の一部になっている。

携帯ストラップは、「ショートストラップ」タイプが主流だろうけれども、
首にかけられる「ネックストラップ」タイプもある。

「ネックストラップ」タイプの携帯ストラップは、イベント会場などで、
名札や鍵などと共に携帯電話がつるされている場合が多い。


数多くのデザインを誇る携帯ストラップだが、素材は一般に、ビニール、ポリエステル、革だ。

携帯ストラップの多くは、一端に携帯にストラップを取り付けられるように輪、
逆端には、「根元」とも呼ばれるアクセサリやマスコットが付いている。


携帯ストラップがブームになった1990年代後半から数年では、「コギャル」と呼ばれる
若い年齢層の女性たちが、携帯に10本以上のストラップを付け、
携帯電話自体より、ストラップの総量の方が重くなるほどだ。

近代でも、「吊り紐」としての元々のストラップの役割とはかけ離れ、アクセサリとなっている。


安価な携帯ストラップは、携帯電話ショップだけでなく、お土産店でも販売されている。
またプロモーショングッズとして、飲料・食品商品に付いてくることもある。

現在では、芸能人たちのファングッズとして重宝されている。

さらには、限定配布として、携帯ストラップが利用されることも多く、テレビ出場などの記念品として、
観光地限定として、配布・販売されることもある。


携帯ストラップは、一方にマスコットなどが付いているストラップ以外にも、ビーズや革などだけで
デザインされたストラップもある。
PR



TrackBack(0) | 携帯ストラップの豆知識

トラックバック

トラックバックURL:

| ブランド携帯ストラップコレクションHOME | 携帯ストラップは日本の産物>>
忍者ブログ[PR]